価値と対価の交換

化粧品は、景気に左右されにくい市場だと言われています。
女性が女性として生きていく以上、避けられない出費があるとしたら、それは化粧品への出費だと思います。実際に私もその日の食事がままならないほど貧乏したことがありました。ですが、お金に余裕ができた時に一番最初に買ったのは化粧品でしたね。最後の最後まで、ランクを落とせなかったのも化粧品でした。

女性からしたら、ご飯は少しくらい我慢できても、化粧品のランクを下げることは耐え難い苦痛です。化粧品と言ってもメイク用品にかぎらず、体を清潔に保つための石鹸やシャンプー。そしてお肌を美しく保つための基礎化粧水なども欠かすことはできません。なのでそういう意味では男性も同じだと思います。
むしろ男性は女性に比べてよく汗をかきますので、石鹸を欠かすことはできないと思います。ですから、女性にとっても男性にとっても、削るに削れない出費なので、景気に左右されない業界であると言えるのではないでしょうか。

マーケティングとは、価値と対価の交換です。価値を提供するからマーケティングです。商品に価値を感じて対価を支払うのでマーケティングなんです。つまり、価値を感じない商品は何の利益も生み出しません。顧客がそれに魅力を感じなければ、決して対価を払うことはないからです。ここでは価値の提供と対価の交換という、ある意味で対等な取引が成り立っています。
また、欲しがっている人がいるのなら、その人にとってわかりやすいように情報を届ける必要があります。つまり、お客様が買わずにはいられないような価値のある商品を提供することが、マーケティングだと言えるのですね。

一度使えば、他の化粧品は使えなくなってしまうくらい素晴らしいです。栄養満点のサジーを使用した化粧品はこちら

化粧品を扱うショップを経営しているなら化粧品のoemを活用しませんか?気になる方はこちらのサイトで情報を集めてみてください。